不動産について

お金を増やしたいなら不動産を買おう

不労所得を得たいと考える人は数多くいると思います。
比較的ローリスクな不労所得と言えば、定期預金の受け取り利息や投資信託の分配金などがあるがいずれもローリターンと言わざるを得ません。
大きく稼ぐなら株や先物取引、不動産です。
株や先物取引ならば安いものでなら数万円から始められますが、不動産は非常に高額です。
マンション一棟購入するのに数千万円必要になるので、不労所得を得たいサラリーマンはなかなか手が出しづらいところです。
そこで、区分マンションというものをご存知でしょうか。
区分マンションとは一棟ではなく、一部屋ごとに購入することができるため、安いもので100万円から始めることが可能です。
さらにマンション一棟で購入するよりも一部屋だけの管理だけで済むで維持費が安く、非常にお得です。
いきなりマンション一棟から始めるよりも、まず一部屋購入して不労所得を得つつ不動産を転がす経験を積むことができるのでオススメです。
不動産の転売には所得税が掛かることも忘れてはいけません。
5年以内の転売は所得税と住民税が高くなるので注意が必要です。
不動産の時価を見つつ5年以内に売った方が得なのか、5年を超えてから売った方が得なのかを考えなければなりません。

Copyright(c) 不動産 All Rights Reserved.