不動産について

不動産の具体的な定義とはなんでしょう

「不動産」と言う単語を聞いた事がない方はいないと思いますが、では具体的にはどのようなものでしょうか。
法律上は民法86条において「土地及びその定着物は不動産とする。
」と定められています。
つまり多くの方イメージする土地だけではなく、その上にある建造物や木なども不動産として取り扱われます。
一般的な方がイメージするのはやはりマイホームの購入でしょう。
多くの場合は、土地とその上にある建物(家)を同時に購入すると思いますが、共に不動産です。
これはマンションの購入でも同じです。
購入するのはマンションの一室だけではなく、その土地にも持分があります(その土地だけを個人で売る事はできませんが)。
また、投資をイメージするする方もいるでしょう。
バブルの時代には土地や建物といった不動産は投資の対象であり、必ず値上がりするものでした。
現在ではだいぶ状況が変わりましたが、オリンピックを前に不動産を投資の対象とする見方もあるようです。
不動産、と言うとあまり普段の生活とは縁がないようにも思えますが、実は様々な面で密着しているものなのです。

Copyright(c) 不動産 All Rights Reserved.